【シティバス】歩行者天国実験で難波バス停を移動中

【シティバス】歩行者天国実験で難波バス停を移動中

今月23日から行われている、南海難波駅前の歩行者天国実証実験は、大阪シティバスも例外ではありません。

同地に設置されているなんばバス停留場が、一時的に御堂筋側へ移動しています。

 

バス停は御堂筋へ

臨時バス停と本来のバス停との位置。

本来バスが通る2車線も歩行者天国の対象となったことで、バス停が道路(御堂筋)側へ移動しています。

本来のなんばバス停の様子。普段は2・3台が常に止まっているここも、この実験中に限っては一台もやってきません。

 

地元商店会と大阪市のタッグ

難波駅前の歩行者天国実験は、2021年11月23日~12月2日まで実施中です。

地元商店会や大阪市、南海電鉄などが主導する今回の実証実験。大きな支障がなければ、2023年度からは本格的にこのエリアを「なんばひろば」として、万博開催前に生まれ変わらせたい意向を示しています。

なんばのバス停も、もしかすると今後見れなくなってしまうかもしれませんね。

 

 

関連リンク

【記録】大阪市バスのレトロなバス停

【乗車レビュー】オンデマンドバスに早速乗ってきた!!



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)


Tetsudo.com 鉄道イベント 一覧
19日(祝)
20日(火)
21日(水)
22日(木)

大阪メトロ関係製品




大阪シティバスカテゴリの最新記事