【千日前線】南巽駅で、同線初のホームドア運用開始

2014年4月26日(土)、千日前線の南巽駅で、同線初のホームドアの運用が開始されました。千日前線は4両編成の短い路線で、大阪市営地下鉄のフル規格地下鉄では、唯一車内信号方式が採用されています。 
このことから、他路線よりもいち早く採用に踏み切れたものと思われます。 南巽駅を皮切りに、順次野田阪神方向へ向けて設置が進むと公式サイトで案内されています。 

 

参考リンク


「千日前線に可動式ホーム柵を設置します ~さらなる安全をめざします~」 ―大阪市交通局 

「南巽駅の可動式ホーム柵使用開始」― EJRP Blog

04_1南巽駅に設置されたホームドア04_2車両と同期して開閉しています

04_3南巽駅端は撮影しやすい場所だったのですが…。ホームドアが設置されてこんな感じ

 

04_4ちなみに、駅留置線で行われていたホームドアの試験?用のステップは撤去されていました。






文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。 


Writer:Series207 2014/04/27

他の大阪市営地下鉄の話題も調べてみませんか?こちらから!
tetsudocom_logo

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪市営地下鉄ファンサイト「Osaka-Subway.com」運営主宰。 2017年4月に鉄道趣味本としては初めての、電子書籍「マルコに恋して」を出版。 その他、クレジットカードファンサイト「鉄道ファンのクレジットカードのりば」なども運営中。