【ニュートラム探訪:02】”南港ポートタウン線”とニュートラム

DSC08422_1

南港を走るニュートラム。1977年に街開きされると共に開通したニュートラム。開業当初はカモメ型の蛍光灯が設置されるなど、いかにも昭和末期のような遊び心があったこの路線も、すでに建設から35年になろうとしています。

大阪の新交通システムは事故などもありましたが、繁華街のド真ん中に開業した神戸や、空港へのアクセスを担うゆりかもめとも違う、独特の哀愁が漂う路線です。


 

「ニュートラム」から「南港ポートタウン線」へ

さて、開業から一貫して大阪市交通局では「ニュートラム」の記載を行っていましたが、近年正式名称へと切り替わりつつあります。

 

DSC08412_1

住之江公園駅のホーム。近年は路線名案内に正式名称である「南港ポートタウン線」が採用されています。奥に見えるのは初期からある「ニュートラム」の掲示。

DSC08414_1

採用フォントはMBゴシック101?でしょうか。ややゴシック4550にも見えますが…はてさて。

DSC08413_1

近年はバリアフリー化の推進で、従来は路線カラーであった路線名表記も、黒地+白文字になりつつあります。

 

しばらくはニュートラムにハマっちゃいそうです。笑

 

 

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

 

Photo/Writer : Series207  2015/01/22