【陸送】トロリーバス200型・市電801型が緑木検車場へ

【陸送】トロリーバス200型・市電801型が緑木検車場へ

撮影:えすこーと様

2020年4月10日未明、森之宮検車場に保存されている大阪市トロリーバス200型・および市電801形が、緑木検車場へと陸送輸送されました。

両車は平成25年度に大阪市指定文化財に登録された、由緒正しき大阪市の財産となる車両です。

先日も30系2両が輸送されたことを記事にしましたが、おそらくこれは森之宮検車場縮小への布石と思われます。

 

輸送風景

森之宮検車場前を出庫してくるトロリーバス。 撮影:もぐら様

北加賀屋交差点を左折するトロリーバス。 撮影:えすこーと様

 

こちらは大阪市電801形。時系列的にはこちらの方が先の搬出だったようです。 撮影:えすこーと様

緑木検車場前で佇む801形。方向幕は「今福」の表示になっています。  撮影:えすこーと様

 

緑木検車場に搬入されたトロリーバスと801型。おそらく今後二度と見れないであろう、歴史的光景ですね。 撮影:もぐら様

 

 

トロリーバス・市電の紹介

今回輸送されたトロリーバス(無軌条電車)200型255号車。1956年~1970年の14年間活躍しました。

バスなのに架線から電気をとって走る異色のスタイルです。

トロリーバスは今里筋で走行しており、現在のBRT「いまざとライナー」の走りともいえる存在でしょうか。

 

 

そのトロリーバスの右側にて保存されていたのが、大阪市電801型です。1932年に製造されました。

足回りは1001形1044号車のままで、ボディだけを新造という形をとっています。やや小型の車両で、支線区において久々の新車となりました。

冒頭でも書きましたが、両車は平成25年度に大阪市指定文化財に登録された、由緒正しき大阪市の財産となる車両です。

 

 

関連リンク

【陸送】森ノ宮検車場で保管されていた30系が緑木検車場へ!いったい何が…?

【特集】「なつかしの車両公開イベント in 森之宮検車場」でトロリーバスや60系が公開されたので行ってきた!



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

29日(金)
30日(土)
31日(日)
  • なし
1日(月)
2日(火)
3日(水)
  • なし
4日(木)
  • なし
5日(金)
  • なし
6日(土)


大阪市電カテゴリの最新記事