【形式紹介】今里筋線・長堀鶴見緑地線80系

【形式紹介】今里筋線・長堀鶴見緑地線80系

大阪市交通局80系車両は、2006年12月24日より営業運転を開始した、今里筋線・長堀鶴見緑地線用の車両です。

 

車両概要

DSC08807

原則的には長堀鶴見緑地線70系と同様のスタイルとなっていますが、ヘッドライトの丸目化やブラックフェイス部の縦方向への延長など、70系をより近代的なスタイルへとマイナーチェンジした格好になっています。

70系は側面方向幕にLED式が採用されていましたが、コスト上の問題で方向幕化、乗降扉についても窓部分を平板化させることによりコスト削減を図るなど、バブリーな時代に生まれた70系と違い、よりコスト意識を徹底させた車両になっています。

 

プロトタイプ(先行試作車)

01編成については他の車両とは異なるプロトタイプ(先行試作車)で、わかりやすい差としては扉の構造が異なります。

よく聞くと開閉時の音に差があり、01編成は電動モーター&ベルトドライブ式の駆動装置を試験的に採用。電動ドアっぽい音がなります。

それに対して02~17編成までの量産車では、従来通りの空気式単動形ベルト駆動方式を採用。今後の車両製作へ活かすため、両者を併存させて長期使用していくこととなりました。

この他、先行試作車製造時にはなかった新火災対策基準の施行に伴い、量産車からは防火基準の強化が図られました。

 

 

 

長堀鶴見緑地線への転属

長堀鶴見緑地線の増発、および今里筋線のデータイムにおける減便(7.5→10分間隔)を受けて、1編成余剰となったことから80系17編成が長堀鶴見緑地線用に改造されることになりました。

2018年8月23日・24日に搬入、2019年3月18日から営業運転をスタートさせました。

試運転中の80系31編成。

車体構造や規格は似ているものの、改造内容としてはかなり大掛かりなものとなっています。

・制御装置、空気制動装置の設置
・長堀鶴見緑地線ATO装置の追加
・誘導無線装置の設置
・車体カラーの変更
・車体前部にあった「8」ロゴを外して「Osaka Metro」ロゴを貼り付け

そのせいか、一旦は営業運転デビューさせたものの、その後も2ヶ月ほどしばらくは試運転を繰り返していました。

 

方向幕は70系のようなLEDではなく、80系準拠の方向幕のままとなりました。長堀鶴見緑地線としては初の採用ケースです。

 

80系編成表

DSC08805

※FはFormationの意味。8101F=[8101-8251-8051-8151]を表す。

竣工日  製 造 編成表
(←井高野 | 今里→)
備 考
8101F 2004.12.01  近畿車輛 8101-8201-8401-8501
8102F 2006.10.31  川崎重工 8102-8202-8402-8502
8103F 2006.10.31  川崎重工 8103-8203-8403-8503
8104F 2006.10.31  川崎重工 8104-8204-8404-8504
8105F 2006.10.31  川崎重工 8105-8205-8405-8505
8106F 2006.10.31  近畿車輛 8106-8206-8406-8506
8107F 2006.10.31  近畿車輛 8107-8207-8407-8507
8108F 2006.10.31  近畿車輛 8108-8208-8408-8508
8109F 2006.10.31  近畿車輛 8109-8209-8409-8509
8110F 2006.10.31  近畿車輛 8110-8210-8410-8510
8111F 2006.10.31  近畿車輛 8111-8211-8411-8511
8112F 2006.10.31  近畿車輛 8112-8212-8412-8512
8113F 2006.10.31  近畿車輛 8113-8213-8413-8513
8114F 2006.10.31  川崎重工 8114-8214-8414-8514
8115F 2006.10.31  川崎重工 8115-8215-8415-8515
8116F 2006.10.31  川崎重工 8116-8216-8416-8516
8131F 2006.10.31  川崎重工 8131-8231-8431-8531 元8117F
転用改造竣工:2018.10.24

 

 

主要諸元表

DSC00287

 形 式 8100 8200 8400 8500
 車体構造 アルミ
 車 種 M2c M1e M1e M2c
 自 重 26.5t 24.5t 24.5t 26.5t
 定 員(~7113F) 88(座席26) 99(座席34) 99(座席34) 88(座席26)
 車体長 15,200mm(連結器含まず・先頭)、15,000mm(中間)
 車体幅 2,496mm
 車高 3,120mm(先頭)、3,110mm(中間)
 制御方式 回生ブレーキ付  VVVF-IGBTインバータ制御
 主電動機(100kW)
MB-7005-B
 歯車比
 運転台
 営業最高速度 70km/h
 設計最高速度 70km/h
 加速度 2.5km/h/s
 減速度 3.5km/h/s(常用最大)  4.5km/h/s(非常時)
 集電方式/電圧 ばね上昇空気下降式シングルアーム / 架空電車線式 1,500V
 集電装置 PT-7005A
 (設置台車)
 所属 鶴見検車場
  

関連リンク

【長堀鶴見緑地線】元今里筋線の80系31編成が試運転していたのでじっくりと見てきました

【速報】今里筋線80系が長堀鶴見緑地線向けへリニューアル!同線へ転属か

【超速報】今里筋線80系、長堀鶴見緑地線へ転属か

8号線:今里筋線カテゴリの最新記事