【今日の記念日】10月30日:御堂筋線心斎橋~なんば間開業




今から83年前の1935年(昭和10年)10月30日。この日は、御堂筋線心斎橋~なんば間が開業した日です。

なんば駅は、正確には「難波駅」と書きます。開業当時は漢字表記でしたが、読みにくさを考慮して現在ではひらがなへと表記が変わっています。

 

出典:『大阪市地下鉄建設70年のあゆみ』

 

わずか900mの区間ですが、難波の開通は大きな意味がありました。

最初の工事完成を急いだ関係で、とりあえずは心斎橋までとなった地下鉄ですが、南海電鉄・高島屋がある南のターミナルの難波へと延伸し、阪神電車・阪急電鉄・阪急百貨店のある北のターミナル梅田、大丸・そごうが立ち並ぶ心斎橋とを一挙に結ぶことは、初期段階での大きな目標だったのです。

大幅な乗客増が見られたこの頃から2両運転を開始しています。

出典:『大阪市電氣局四十年史 運輸篇』

工事にかかろうとした瞬間、室戸台風が押し寄せてきて難波駅は一夜にして水に浸かり、西大阪一帯は甚大な被害に見舞われた…と当時の文献にあります。

あれから82年後、同規模であった先日の台風21号では信号が曲がったりテントが飛ばされたりはしたものの、そこまでの被害は受けなかったことからインフラ整備技術の進化を感じます。

DSC04534

以前当サイトや書籍「マルコに恋して」でも書いたように難波駅上階には地下街を作ろうとしたのですが、戎橋筋商店街から「商売あがったりだ!!」「換気が不十分で不衛生だ!」などなど、かなりのいちゃもんをつけられて撤回することになった経緯があります。

【コラム】平松邦夫 元大阪市長の手で80年ぶりに開かれた「なんばekimo」



 



マルコに恋して -大阪地下鉄道20の秘密-
(2017-04-25)
売り上げランキング: 26,537

文章中の写真の著作権は著作者に帰属します。無断転載は固くお断りします。