【大阪メトロ 延伸データベース】中央線 コスモスクエア~夢洲

【大阪メトロ 延伸データベース】中央線 コスモスクエア~夢洲

出典:Osaka Metro『地下空間の大規模改革及び 夢洲開発への参画について』2018年12月20日

Osaka Metro(大阪メトロ)中央線は、2019年現在長田~コスモスクエア間を結ぶ地下鉄路線です。

1961年に第一期区間である大阪港~弁天町間を開業させたのを皮切りに路線延伸を進め、1997年に大阪港~コスモスクエア間が開業・全通し、現在の形を形成しています。

 

 1961年 大阪港~弁天町間開業
 1964年 弁天町~本町(仮) 間開業
 1967年 谷町四丁目~森ノ宮間開業
 1968年 森ノ宮~深江橋間開業
 1969年 本町~谷町四丁目間開業
 1985年 深江橋~長田間開業
 1997年 コスモスクエア~大阪港間開業 (当時はOTS線)

 

 

 

夢洲延伸計画

現在の大阪メトロにおいて、唯一確実な延伸計画が立てられているのがこのコスモスクエア~夢洲間です。

大阪万博を開催する2025年に間に合うよう、2024年までに建設することが発表されています。

出典:株式会社大阪港トランスポートシステム,大阪市「北港テクノポート線建設事業に係る事後調査報告書(PDF)」3p,

 

この計画は、コスモスクエアから夢洲・舞洲を経由して新桜島に到達するというOTS時代の「北港テクノポート線」計画から始まります。

その一環で、既に時間のかかるトンネル部分(夢咲トンネル)は先行工事が完成していて、残るは電気設備工事や軌道工事、そして夢洲島内の駅施設工事のみとなっています。

 

コスモスクエア駅から夢洲駅までは3.0km・1駅とやや長めの距離。また夢洲島内には、10編成が留置できる車庫の計画も立ち上がっています(同時施工するかは不明)

 

【中央線】大阪オリンピックの置き土産…夢洲車庫の実現なるか

 

 

新設部建設計画

 

 

延伸区間 コスモスクエア~夢洲(仮)
駅数 1駅(コスモスクエアを除く)
建設延長/営業延長 3.0km
必要列車数 不明
計画最大編成数 8両
車庫計画 夢洲島内に新設
構造 全線地下式
車両規格 標準大阪地下鉄規格(既存の中央線と同様)

 

新設部運転計画

・未定(おそらく中央線に準ずるものとなる)

 

延伸地の夢洲の現在の様子

開業前の長閑な夢島の風景は、今しか見れない光景です。是非こちらもあわせて御覧ください。

【中央線計画】IR・万博開催の候補地、夢洲に行ってきました

 

 

その他夢洲関連リンク

【祝!大阪万博決定!】これから起こる大阪メトロの変化について

コスモスクエアと夢洲をつなぐ「夢咲トンネル」…実はすぐに地下鉄が走れるようになっている?

【中央線】大阪オリンピックの置き土産…夢洲車庫の実現なるか



今週の鉄道イベント情報(Tetsudo.comより)

31日(火)
1日(水)
2日(木)
3日(金)
4日(土)
5日(日)
6日(月)
7日(火)
8日(水)


4号線:中央線カテゴリの最新記事